Moon + Monju Help Spark Japan’s Entrepreneurial Future

Moon + Monju Help Spark Japan’s Entrepreneurial Future

起業家精神を国内に広く浸透させることは、Moon Creative Labの使命の一つです。創造性と可能性の蕾は至る所にあり、必要なのは花開く場所なのです。我々はイノベーションと起業家精神に溢れた社会を育むため、早稲田大学と慶應義塾大学の学生団体が主催するピッチイベント「MONJUビジネスコンテスト」のパートナーとなりました。2月12日から3月12日まで、ビジネス、アート、テクノロジー分野の100人を超える学生チームが集まり、ビジネス構築の様々な側面を体験し、起業家精神に更なる磨きをかけました。

学生たちは異なった企業テーマが設けられている4つのリーグに分けられ、各リーグ内5チームがしのぎを削りました。Moonが提案した起業テーマは、環境や社会問題の解決を目標としたエシカル消費を促進する、新しいミッション主導型のビジネスを提案することです。なぜならMoonでは、良いビジネスとは世界にも良い影響を与えるものだと信じているからです。

Moonリーグでは33名の学生が参加し、その多くが東京のスプリングテラスでのワーキングセッションに参加し、アイデア開発に取り組みました。またHead of Tokyo Studioの高田からは、効果的で印象に残るピッチについてのオンラインレクチャーを提供しました。

このレッスンは学生からとても好評で、「明確なピッチを作るためのヒントを理解することができ、とても役に立ちました」「とても説得力がありました」「講義は短時間で非常に集中的だったので、効率よくコンテンツを吸収することができました」などの感想が寄せられました。

私たちはコンテストを通して、起業のさまざまな側面を体験してもらい、学生の皆さんの創造性を引き出していきたいと考え参加しました。参加した学生たちはプロトタイピングの作成から提案まで、様々な観点から新ビジネス構築を学び、どのようにしてアイデアがベンチャーへと発展していくのかを体験しました。

ビジネスアイデアの開発に取り組んだ後、全チームが審査員の前でピッチを行いました。2ラウンドのピッチプレゼンテーションの後、2チームがMoonリーグから最終ラウンドに進んだものの、残念ながら優勝には一歩及びませんでした。MONJUイベント後、最終ラウンドに進んだ2つのチームには、Moon Creative Lab全体に向けて彼らのビジネスアイデアをピッチしてもらいました。ピッチは、学生たちの情熱が伝わるものとなり、Moonのメンバーからは、たくさんのポジティブなフィードバックが送られました。

MONJUビジネスコンテストは、日本の将来の起業家が次の世界を変えるアイデアを生み出す助けとなるだけでなく、日本社会の創造性と起業家精神を奨励し推進する素晴らしい機会となりました。Moon Creative Labは、このコンテストに参加できたことを大変光栄に思っており、この先学生たちがコラボレーションの力で何を作り出すのかとても期待しています。

こちらのプレスリリースをご覧ください。